『ありのままを受け入れよう』*誰でもできる成功への提案6

『私には、変えるこのとできないものを受け入れる静穏な心、
変えることのできるものを変える勇気、
両者の違いを見分ける知恵が備わっている』(平穏の祈り)



「受け入れる」とは、自分の状況、自分を取り巻く世界、
自分自身を受け入れることです。

理想の姿ではなく「ありのままの自分自身」を受け入れることが大切です。

変えられないものと変えられるもの、それらを見極め、
否定することをやめて自分自身に正直になることです。




平穏の祈りは著者が「もっと受容的になるように唱えるようにしてみよう」と
掲載されているものです。

「祈り」という言葉(翻訳)がとっつきにくい方もいるかもしれませんが
ここで言われている「祈りの言葉」はアファメーションと言われているもので、
自分に対する宣誓、宣言…、まぁ、決意表明のようなものです。

こういったアファメーションは、声に出して言うのが一番良いと言われています。

同じ言葉を何度も繰り返し発する(聞く)ことにより、自分の深層心理に
インプットする…みたいな原理を活用するものですので、まぁ、
耳に直接聞こえる方が明確に認識できるから、という感じになるでしょうか。

要は刷り込み効果が高くなる、ということです。

  (アファメーションも調べていくと「言霊」云々…という部分に関わってきたりと、
とても奥深いものですので、興味のある方は調べてみると面白いですよ)

とは言え、そうそう堅苦しく考えることはありません。

ただ、聖書やお経や祝詞や、何らか「祈り」に近い事柄が身近な方はまだしも、
そういった環境にない方や習慣がない方がこれを実際にやろうとすると、
思うより難しいことも多いのです。

(声に出して読み上げるという事自体、気恥ずかしいと言うか
バカバカしく感じるというか…。
あと、生活環境の状況もありますしね、家族の目もあるし…とか。)

ですので「声に出すのはちょっと…」という場合はもちろん心の中で
唱えても良いのです。

場所も時間も回数にも決まりはなく、一日何度でも、気の向くだけ唱えてください。

できるだけ静かでリラックスできる環境が良いと思います。




*参考書籍
「誰でもできるけれど、
ごくわずかな人しか実行していない成功の法則」
---ジム・ドノヴァンーーー

6 Responses to “『ありのままを受け入れよう』*誰でもできる成功への提案6”

  1. That’s way the bestest answer so far!

  2. auto insurance より:

    Thanks for contributing. It’s helped me understand the issues.

  3. This insight’s just the way to kick life into this debate.

  4. How could any of this be better stated? It couldn’t.

  5. I’m not quite sure how to say this; you made it extremely easy for me!

  6. I love it when the Sony Only Fanny Boy Playbots resort to profanity/personal attacks from the safety of their internets, thats how you know who the true “playbugs” are on here and thats how you know they are soo bitter!!!!!Please, use more curse words in your personal attacks, I love it!!!!LoT’s Rules Of Conduct should also have an age restriction VN:F [1.9.17_1161](from 4 votes)

コメントを残す

サブコンテンツ

PAGE TOP