『ゴールは必ず設定しよう』*誰でもできる成功への提案37

『そもそも、ゴールがなければ
それに到達することはできないのです。』




ゴールを達成できないことを恐れて、ゴールの設定を
避ける人もいます。

こういう守りに入る考え方を変えるには、まずは、
目標期間内に達成できるゴールにすることです。

ゴールに到達するまでに十分な時間をとるように
しましょう。

ですが、ゴールは自分の可能性を広げるもので
なければなりません。

簡単すぎるものではダメです。

ゴールを達成できないことを恐れてはいけません!

自分に挑戦し、快適空間から飛び出しましょう。



もし、ゴールを達成できなかったら、期間を
延ばす、ゴールを変更するなど、後から変更しても
いいので、ゴールを設定しましょう。




少しでも早く実現したいと思うのなら、期日は
明確に設定した方が良いでしょう。

単純に、そこに向かって行動していく集中力と
自分自身への気合の入れ方が違ってきます。



これは、自分ひとりで熱心に楽しんでやる
ゲームのようなものです。

なので、設定した期日にゴールできなかった
としても、決して自分を批難しないことです。

あなたはただ、目算を誤ったにすぎないのです。

何事も「やってみなければ分からない」のです。

私たちは「予言者」ではありません・笑。



決めた期日に達成できなかった時、確かに
「少しガッカリ」するかもしれませんが、
それもゲームの醍醐味というものです。

ただ、その時点において新たに見えている
状況や状態、分かったことなどが必ずあるはずです。

そこから再度、確実にゴールするための設定を
微調整すればよいだけのことです。

そうやっていくうち、「自分のゴールの定め方」の
カンのようなものが掴めてくるようになるでしょう。

楽しみながらやっていきましょう。

失敗することを考えるより、止まったままでいる
ことの方が、よほど問題ではないかと思います。




*参考書籍
「誰でもできるけれど、
ごくわずかな人しか実行していない成功の法則」
---ジム・ドノヴァンーーー

コメントを残す

サブコンテンツ

PAGE TOP