『ネガティブな病原菌は避けよう』*誰でもできる成功への提案17

『善意にしろ悪意にしろ、夢を壊す人たちを避けましょう』



私たちは自分でビジネスやを始めたり運営したりしていると
家族や友人から「リスクを冒すな」「あなたにそれは無理だ」という
言葉や助言を何度となく聞かされます。

あなたは、あなたが夢を実現させようとする気持ちを
くじこうとする人を避けなければなりません。

信頼する個人や師、その資格のある人の助言を求めるな
と言っているのではありません。

自分の「できないという思い込み」に縛られている人、
特に自分でビジネスをやっていない人がまき散らす
ネガティブな病原菌を避けなければなりません。

そういう人たちは相手(あなた)のことを想い、親切心で
言っているのですが、結局、相手(あなた)の自尊心や成功の
可能性を奪っていることになるのです。

ですので始めの段階では特に注意深く、夢を打ち明ける相手は
慎重に選ばなければなりません。



また、親切心ではなくわざと相手(あなた)の気持ちをくじこうとする
人も避けなければなりません。

彼らは誰かの成功により、自分の境遇を直視するのが怖いのです。

とにかく、そういう人たちはすべて避けるようにしましょう。




この章で一番注意しなければならないポイントは、実は
「自分の我欲と独りよがり」ではないかと思うのですが…。

特に男性に多いのですが、こういった記述の「文字面」だけを
自分にだけ都合よく解釈し、「嫁(家族)」との調和を無視した
行動に走るケースが多く、実際にも目の当たりにしますね・笑。

とにかく、「あなたが成功することで周囲が幸せになる」ということを
忘れないようにプランを立てることをお勧めします。



自分にとって、「悪意ある人」が存在するのは現在の世の中では
一つの現実と言えますが、あなたのプランが本心からのもので
愛のあるカタチであれば、そういった人との縁も自然と
改善していきます。

成功して幸せになっていく中で、「嫌な人に出会わなくなった」
ということは、実際によく聞く話ですよネ。



自分の成功を信じ、自分の能力を信じ、夢の実現を確信することは
とても重要な事で、それなくして想い描くような変化は望めません。

ただ、「自分は完璧ではない」ということを忘れないように
してくださいネ。

『耳に痛い言葉』の全てが『夢を奪うもの』と決めつけてしまうと、
それもまた「思い込み」の一つとなってしまいます。

成功者は言葉に耳を傾ける真摯な心と、その真意を見分ける
直観力を持ち合わせています。



あなたは幸せの中にあって、何を与え、分かち合おうと思いますか?

その答えを明確にしておけば、誰もあなたの気持ちを
くじく存在にはなりえないでしょう。




*参考書籍
「誰でもできるけれど、
ごくわずかな人しか実行していない成功の法則」
---ジム・ドノヴァンーーー

コメントを残す

サブコンテンツ

PAGE TOP