『目的を持とう』*誰でもできる成功への提案32

『目的さえあれば、どんな困難も乗り越えることができます。
そしてその困難を乗り越えた時、自信も得ることができます。』




何年か前、友人が「目的はエネルギーを使う理由」と
言っていました。

目的やゴールは、「私はなぜ、これをしているか?」
という問いに、答えてくれるのです。

私たちは朝起きることや、逆境に立ち向かうこと、
困難を乗り越えることもできるのです。

目的やゴールがしっかりしていれば、必ず道は開けます。



以前、自分の体形や不健康にウンザリしていた私は、
変わると決心し、ゴールを決めました。

目標体重、目標達成日を決め、食習慣を改善し、
週4~5日ジムに通う、という行動プランをたてました。

そして、ある冬の寒い朝、その日は朝6時にジムに
いかなければなりませんでしたが、気温は氷点下…。

私の決心は試練にさらされました。

しかし、私の目的ははっきりしていました。

そしてその日の朝6時5分に私がそのジムにいた
ただ一つの理由は、明確なゴールを決めてそれを
達成すると決心したからです。

目的さえあれば、どんなに辛い時期も乗り越えられます。




夢の実現云々に限らず、人生全般に感じることは
何度となく「本気」が試されるような出来事に
遭遇すること…ではないでしょうか・笑。

成功哲学において、「早いから良い、遅いからダメ」
「一回でできれば合格、それ以外は失格」ということは
ありません。

また、人にはそれぞれの「快適さ」があり、あなたが
快適と思えるペースで進まなければ、行動すること
自体が苦痛になってくるでしょう。

がむしゃらに走り続けることができる人もいれば、
休み休み進む人もいます。

途中で休んだり、うまく勧めない状況があったり、
失敗したような結果が出ても「ゴール」を諦めない、
「自分はダメだ」と慌てて判断をしないことです。

本当に心の底から望むことをしているのであれば、
案外、何があってもそれほど大きな苦痛を感じる
暇はありません・笑。

むしろ、一つ一つを達成していくたびに喜びと
安心と幸せの感覚が沸き起こってくるはずです。

目に見える、体験できる結果を確認することも大切ですが、
そこから沸き起こる幸せや安心の感覚こそが「達成の証」です
ので、しっかりとその「幸せと喜びの感覚」を必ず
体感してくださいネ。

その幸福感を感じきることこそが、真のゴールです。

あなたの目的は「達成すること」ではなく、
「達成して嬉しいと感じること」です。

少々しつこく思われるかもしれませんが(笑)、
ホント、ここに多くの人が陥ってしまうので…。

もし、現実が描いた希望通りになっているにも
かかわらず、心からの喜びが沸き起こらない…
ということがあれば、自分の在りようを見つめなおす
ことが必要かもしれません。

いずれにせよ「ゴールに向かってゴールするまで」
あなたのペースで進めば、問題ないと思います。




*参考書籍
「誰でもできるけれど、
ごくわずかな人しか実行していない成功の法則」
---ジム・ドノヴァンーーー

コメントを残す

サブコンテンツ

PAGE TOP