『結果に意識を向けよう』*誰でもできる成功への提案62

『目的に気持ちを集中させ、テコの力を使い、自分のやる気を維持させれば、
想像もしなかったほどの素晴らしい人生が送れるはずです。』




例えば健康についてもっと真剣に取り組みたいのなら、
「今、これをしなければ十年後、二十年後、三十年後に
自分はどうなっているだろう?」と、自分にたずねてみましょう。

私が自分にこの質問をしたときに、三十年後の自分の姿が
ありありと見え、それ以来、たまに怠け者にもどるものの、
定期的に運動を続けています。

結果を常に心に留めておけば、困難に直面しても
切り抜けられます。

なぜこれをしているのか?ということを
常に認識するようにしましょう。

オリンピックの選手はメダルというゴールがあり、
その決意があるからこそ、苦しい練習も乗り越えられるのです。

結果に意識を向けて、やる気を維持しましょう。




この方法では、自分を追い詰めないようにすることが
重要となります。

ゴールして手に入れるもの、入れられないもの、
どちらに注目しても良いとは思いますが、自分が気分よく
やる気の出やすいほうを採用することです。

恐怖、憎悪、怒り、という感情は大きなエネルギーを持ち、
時にはそのエネルギーは成功していく糧となることもあります。

「誰かにバカにされ、クッソー!と思い、一念発起して成功した」
という話は珍しくありません。

ただ、いつまでもそういったネガティブな
感情によるパワーに頼っていると、結局はネガティブな
ものを生み出して(引き寄せて)いくことにもなります。

第一、恐怖や怒りや憎悪と共に生きていては、
幸せとは言えないでしょう。

ですので必ず「その先」、つまり
「成功して幸せになったあかつき」=「目的」に気持ちを集中し、
その素敵な気分を十分に満喫するようにしておくと良いですネ。





*参考書籍
「誰でもできるけれど、
ごくわずかな人しか実行していない成功の法則」
---ジム・ドノヴァンーーー

コメントを残す

サブコンテンツ

PAGE TOP