『リスクを冒そう』*誰でもできる成功への提案52

『想像上であれ現実であれ、「多少の傷は辞さない」
という態度でなければ、自分の本当の可能性を
知ることも、人生を最大限に生きることもできません。』




人生をフルに生きたいのなら、「傷つく」「無視される」
「恥をかく」「笑われる」「自尊心(エゴ)が潰される」
…といった恐怖を、克服しなければなりません。

これは、無茶な事をしろと言っているのではなく、
「安全地帯」から外に出てリスクを冒すときに受ける
傷…つまり、エゴ(自尊心)が潰されたときに受ける
傷のことです。

作家としての私を例に挙げるなら、「執筆中」という
地帯に安住する限り、すべての言い訳になり、完全な
安全地帯にいられます。

本を「書き続けている限り」失敗も否定もありません。

しかし、その安全地帯を出て本を出版しない限り、
私は成功した作家にはなれないのです。

幸い、私の本は大きな成功をおさめました。

多くの人がその本から何かを学び、人生を
良い方向へ変えていった事を知り、それは
素晴らしい体験でした。

人生を最大限に生きるため、傷つくリスクを冒しましょう。




あなたが成功へ向かって信念を持ち動いているのであれば。

その道程において受ける些細な傷は「どこ吹く風」と、
気にすることはない、ということです。

「恥知らずになれ」ということではないのです。

例えばあなたのエゴ(自尊心)を潰そうとする、笑い、
傷つける、それらの「恐れ」を増幅する人や環境のことを、
よくよくしっかりと思い返してみて欲しいのです。

それらの人や環境などは、あなたが成功することに対して、
果たして、喜びを分かち合い、祝福してくれるでしょうか?

どうでしょう。

あなたの成功を祝福し、あなたの行動を理解する世界は、
その「体面を破った先」に広がっているのではありませんか?

あなたは本当にその世界で、その体面を保つ必要が
あるでしょうか?



迷うとき、なかなか決心ができないときは、自分に
こう聞いてみると良いかもしれません。

「私はこの安全地帯にいて、心の底から喜びを、
幸せを感じていますか?」と。

「恐怖と共に在る安全」「成功と共に在る安心感」

どちらが本当の幸せに繋がるかを考えれば、
とるべき行動はおのずと決まってきます。

自分の幸せを見失わないように行動してくださいネ。




*参考書籍
「誰でもできるけれど、
ごくわずかな人しか実行していない成功の法則」
---ジム・ドノヴァンーーー

7 Responses to “『リスクを冒そう』*誰でもできる成功への提案52”

  1. If I were a Teenage Mutant Ninja Turtle, now I’d say “Kowabunga, dude!”

  2. I’m really into it, thanks for this great stuff!

  3. auto insurance より:

    AFAICT you’ve covered all the bases with this answer!

  4. That’s the best answer by far! Thanks for contributing.

  5. Ciao, ho un grosso problema e spero qualcuno qui mi aiuti. Quando apro “proprietà di sistema” non mi compare il tasto “configura” per andare in “protezione di sistema per disco locale c” .come mai? Auiuuutoooo. Grazie e baci.

  6. Írd be a hozzászólásodat Ezeket a HTML tag-eket használhatod: <a> <abbr> <acronym> <b> <blockquote> <cite> <code> <del> <em> <i> <q> <strike> <strong> Értesítést kérek a további hozzászólásokról e-mailben. Értesítés új hozzászólások alkalmával e-mailben.

  7. Hei på deg!Fantastisk flott og idyllisk rundt Tveitevannet. Hvem skulle tro det ligger bare minutter unna sentrum :-)Nydelig motiv og bilde!

コメントを残す

サブコンテンツ

PAGE TOP