『嫉妬の感情を認める』*対人トラブルをかわす技術4

誰かに対してネガティブな感情を持つとき、それは相手の素行に問題があると感じていても、実はあなたの感情に問題がある場合もあります。

例えば嫉妬の感情は相手の幸せそうな姿や得気な顔を見るたびに膨らみます。

ただ、嫉妬の感情は認めるには屈辱的な気分を伴いますので、なかなか自分自身で受け入れるのは難しいのです。

そのため、自分の感情を見ないまま、けれど解消もしないまま、相手に対するネガティブな感情が蓄積され続けますので、あなたは日々、不快なまま過ごして行くことになるのです。



特定の誰かが特に気にいらない、何かと相手の悪いトコロや不快なトコロばかりを見つけてしまう自分がいると気がついたら、まず「相手の何が気にいらないか?」ということを徹底的に割り出してみてください。

また、自分と相手の違いも徹底的に分析してみます。

この場合も紙に書きだすというのが有効な方法です。

客観的に自他ともに分析していくことで、「自分が相手のどういうトコロに不満を持ち、何に嫉妬しているか」ということが見えてきます。



もしも自分の嫉妬が見えてきたら、「他人に嫉妬する自分のカッコ悪さ」を一旦素直に認めるだけでも、まず、奥底に蓄積されたネガティブな感情が少し解放されます。

自分の感情の真実の姿を知ること、つまり原因が分かれば、対処方法を見つけていくこともできますよネ。

「よし、自分も負けないように頑張ってみよう」とやる気がでるかもしれませんし、「あいつスゴイな」と相手を素直に認めることになるかもしれません。

自分を徹底的に見つめたとしても、誰かに知られたり、報告すする必要は全くないのですから、とにかくやってみることです。



誰かに嫉妬していたとしても、別にハズカシイことではありません。

そういった感情も生きていく上で必要な場面や役立つ場面があるのです。

ただ、その方向性があなたの心を重くしストレスになっている場合は、「そこに関しては修正する」、つまり手放せば良いだけのことです。

分かってしまえば案外、嫉妬している内容は些細な事であったり、どうでも良いような事であったりするものです。

そういった感情を持つ自分を知り、受け入れ笑って赦し、人としてステージアップしていくこともまた人生のミッションの一つと言えるでしょう。




*参考書籍
「感情の整理」が上手い人の70の技術
「感情の整理」が上手い人の70の技術

4 Responses to “『嫉妬の感情を認める』*対人トラブルをかわす技術4”

  1. carinsurance より:

    Hey, that’s powerful. Thanks for the news.

  2. In these days of austerity as well as relative panic about running into debt, lots of people balk contrary to the idea of making use of a credit card to make acquisition of merchandise and also pay for a holiday, preferring, instead to rely on a tried and trusted method of making transaction – raw cash. However, if you’ve got the cash there to make the purchase entirely, then, paradoxically, that’s the best time to use the credit cards for several reasons.

  3. Se echan de menos comentarios como éste, tanto por su lucidez como por su sensibilidad, que se diferencian de un sector educativo donde prevalecen intereses intereses gremiales y no hay lugar para las necesidades de los jóvenes.

コメントを残す

サブコンテンツ

PAGE TOP