『広い世界の小さな自分』*怒りをおさめる技術6

怒りの内容も度合いも人それぞれです。

その場限りの怒りもあれば、世の中の不条理に対する正義の怒りなど、怒りの種類もさまざまにあります。

また他人からすれば「どうということもない」ことであっても、当事者にとっては非常に許しがたいようなこともあります。

ただ、どのようなケースであれ、怒りに支配され振り回される人生を生きていくのは得策とは言えません。

等しく、誰であっても多くの時間を怒りに費やせるほど人生が長いわけでもありませんしネ(笑)。



大海原、大森林、満点の星空etc…、こういった大自然の環境に癒しやリフレッシュやクリーニングの効果があるのは、それそのものの持つ効果という部分もあるのですが、一つ、その「大きさ」を感じられるところもあるのです。

怒りでいっぱいの時ほどこういったことはバカバカしいと感じるかもしれませんが、試してみて損の無い方法ではあります。

何処までも続くかのような空や海、宇宙を感じる森林や大自然の中に在る自分の存在を感じ想いを馳せてみると、ふと、自分の悩みや怒りや悲しみといったネガティブな感情が儚い人生の一瞬の出来事だと理解できる瞬間があります。

大きな世界、大きな宇宙の中の自分という名もなき小さな存在で、その小さな存在こそが大きな世界や宇宙を支える確かな存在であるということ。

そんな果てしない宇宙の循環の中に在って、今、自分の心を占めている怒りにどれほどの価値があるか?ということを嫌でも意識することになるでしょう。



大きな存在の中で大きく深呼吸してみましょう。

自分の人生が本当にその怒りで満たされていて良いほどの価値しかないかどうか、自分自身で確かめてみてください。




*参考書籍
「感情の整理」が上手い人の70の技術
「感情の整理」が上手い人の70の技術

One Response to “『広い世界の小さな自分』*怒りをおさめる技術6”

  1. Fiiiiine lopper og jeg er misunnelig på hver minste ting!!!!!!! Heldig du er som bor der det er mye loppis aktivitet. Her er det 3-4 i løpet av hele året, men det er en liten bruktbutikk som jeg besøker flittig da :0)

コメントを残す

サブコンテンツ

PAGE TOP