ラブによるマネー・ロンダリング

宇宙マッサージ、ってのをやってるプリミ恥部さん…って人が
いてて、その方にたまーにマッサージしてもらってるねんケド。

特に、体に触ることはほとんどなく、舌をベロベロ出しながら
アヤシイ身振り?で体の中の掃除?!なんかをしてくれている(らしい)。

私には気の流れとかチャクラがどーとかそういうの一切見えたり
しないのでよくわからんケド(笑)、効くから「ありがたい」
と思ってプリミ恥部さんの言うトコロの「宇宙タイミング」が合う時に
お願いしてるねん。
(マッサージが予約制なんで、予約が取れないこともある)

で、そのプリミ恥部さんが何かのセミナーの時に、参加者からの
「お金について」の質問に答えてた内容が、分かりやすかったので
まとめてみた。

「多くの人が、お金に対してネガティブな感情を持つ場合が多いと思う。
例えば『あぁ、また減ってしまう』とか、そんな感じ。
他にも普通に色々な人の色々な想いにまみれていて、それが
世の中を循環しているわけで。
なので僕はラブによってお金をいただき、ラブによってそのお金を使う。
浄化というかロンダリングと言うか(笑)。
美しい循環を生むというのか…、そうしていると良い循環が自然とできます」

細かい文言は違うケド、内容はおおむねこんな感じだったと思う。

お金に困る人の共通項として、お金に執着する(欲する)想いが強い
わりには、お金に対してゾンザイであったり、無頓着であったり
するねんなー。

使う時は「明日の生活への恐怖」「減ることへの不快感」
「右から左…と言う感じで、得たことに対する喜びを持つことがない」
「不機嫌、不愉快、悲しいなどの暗い気分で使う」
「大切、と言う気持ちで扱わない」などなど、まるで
お金によって不幸が生まれているかのような中にいてることが
多いねん、無意識であっても。

まぁお金に困るってのは、だいたい生活にも困るって感じやから、
心情的には仕方ない部分もあるんやケドな。

多い少ない、とかの満足不満足の感はあっても、とりあえず
今、生きているということは、一応、どうにかなっているわけで、
何かを買う時にも「買える喜び」があってもよさそうなもんやねんケドな、
お金に困っているならなおさら、その筈やねんケドな。

でも実際には喜ぶ前にネガティブな気持ちになる。

これは、負の循環…というか、負の中で生きていることに他ならない。

だからお金を好きになるといい。
がめつく行こう!ってのとは違う(笑)。

まさにラブ、愛してあげる気持ちを持つことからやな。

来たことに喜び、使うことに喜び、って感じ。
心の底から、喜びに徹する。
最初は難しいケド、訓練でできるようになるから。

人により様々な方法があるケド、例えば、「お金を使う時感謝する」
とか、「このお金を受け取る人(この後使う人)が幸せになるようにと願う」
とか、そういうことやってる(願ってる)人もいるし。

プリミ恥部さんの場合は、宇宙マッサージ自体がラブ(パワー)によって
行われているということで、それによって得る代金は、まさに
ラブにより生み出された正真正銘のお金、と、自覚してはるいうことや。

では、我々一般人は?となると、これまた同じことになるねん。

つまり、どんな仕事であれ(あるいは作業、生きていることそのものでもいい)
とにかく「ラブ(愛の心)を持って行う(生きる)」ということになるなぁ。

お金にも、自分の在り方にも、使い方にも。
繊細にラブ(愛)の意識を向け、丁寧に扱う。

あと、支払先(買うモノ)にも、出来る限り配慮するのも一つの手段やな。

大切な自分のお金が地球の幸せに役立つ先を選ぶ、とか、
人類の幸せに役立つとか、とにかく自分が自分の意志で
「良い」と思う企業なり団体なりに使うようにしてみる。

化粧品なら動物実験していない会社のものにするとか、
食品は森林保護活動をしている先の商品にするとか、これは
自分が納得する「良いと思うこと」でいい。

慈善団体への寄付がよければ、それでもイイ。

これがすべてではないケド、自分の分かることや関心のあること、
とにかく、しっかり調べて納得してやってくとイイ。

心からの愛をもって、お金に対して愛情を注ぎ、無関心に
ならないことから、始めてみるといいかな。

コメントを残す

サブコンテンツ

PAGE TOP