感情の繊細さ。

気に入った物が手に入ると、私の場合は非常に
嬉しく、幸せを感じるのですが、おそらく、皆さんも
同じだと思うんですよね。

その「幸せ感」、「喜び、嬉しさ」という感情は、
「波動」を生み出す大きな要素だと言えます。

そしてその中でも「良い波動」というのは、振動数が
繊細?だということのようです。

分かる気はします・・・。

工芸品などをみても、手の込んだ繊細な
つくりのものは、私のような素人が見ても
伝わるものがあったりしますしね。

ところで。

「良いもの」というのは、「お値段」に限定される
価値観の事ではありませんが、現実社会では、
「良いもの」のそのほとんどが、お値段とリンク
していることが多いんですけどね。(笑)

とは言え、お金をかけずとも自然の素晴らしい場所や
美術館や、「良い」と思う場所や環境に日ごろから
出入りしたり、意識して日常に取り入れ、
身近にしていくことは出来ると思います。

また、名も知らぬ道端の草花を「良いもの」として捉え、
優しい気持ちや愛でる気持ちなど、その瞬間の
幸せを自らが生み出していくことも、必要でしょう。

近年ますます、感情が単一化されてきている
気がしているのです。

ハンでついたような感情、ハンでついたような表情、
ハンでついたような価値観・・・。

これは、現実身近に起こっている現象で、
映画や小説の中だけのことではなくなっています。

与えられる事に慣れきって、自らが生み出すことを
忘れてしまわないようにしたいと思います。

シンプルなことは良いと思いますが、繊細さを
無駄と取り違えないようにしたいものです。

5 Responses to “感情の繊細さ。”

  1. That’s more than sensible! That’s a great post!

  2. I’m grateful you made the post. It’s cleared the air for me.

  3. That’s cleared my thoughts. Thanks for contributing.

  4. It’s posts like this that make surfing so much pleasure

  5. Je sais pas comment mais Revenge me surprend presque alors qu’elle utilise les trucs classiques du soap. Mais il y a un truc en plus. Je sais pas encore ce que c’est, peut être Emily VanCamp.

コメントを残す

サブコンテンツ

PAGE TOP