どういう景色が見えてるのかなぁ。

知り合いに、自閉症のお子さん
がいらっしゃる方がいるのですが。

たまーに、そのお子さんと会うことがあって、
会うたび、不思議なことを言ったり、不思議な
鼻歌を歌ってくれたりするんですよね。

えむりんや私の名前を盛り込んだりしながら、
歌ってくれたりもします(笑)。

どうやらこの子は、普通の人には見えないものが
見えたり聞こえたりしているような感じです。

まぁ、ここの一族の方々が不思議な能力を
お持ちのようで、親御さんも一般人でありながら、
神事を行うことのできる方なので、さもありなん、、、
ってところでしょうか。

つい先日会った時には、「大きな猫さんだねぇ!」
と、しきりに感嘆の声をあげていましたので、
どうやら大きい猫が観えていたようです。

その大きな猫を「猫先生」という名前で呼び、
抱いたり撫でたりしているようでした。

私には彼の言う「大きな猫さん」は全く
観えないんですけどね。

とは言え、私たちの見えるもの、聞こえることも
その子は感知しています。

ただ、私が思うに、おそらく、私たちと同じものを
見ているとしても、「見え方が違うのではないか?」
と思っています。

一体、このお子さんははどういう世界を
みているんでしょうね。

コメントを残す

サブコンテンツ

PAGE TOP