『望む人生に向かう選択をしよう』*誰でもできる成功への提案57

『日々の選択を自覚するようにすれば、望みの人生に
導いてくれるものを選ぶことができるようになります』




食べ物、活動、状況…、一見すると日々の些細な選択が、
自分という人間を作っているのです。

現在の生活は、今までの選択をすべて足したものです。

人生を変えるには、新しい選択をしなければなりません。

もし、体重を減らしたいのなら、食後のデザートの
代わりにウォーキングをすれば良いのです。

日々の選択を長い目で見れば、さらに幸せで
充実した人生へと導いてくれるのです。

望む人生へと導いてくれる新しい選択を、
一つ一つの場面でしていきましょう。




このときの選択の基準の一つは、
「成功した自分として選ぶ」ということです。

これは、以前の章でも著者が語っていましたが、
「成功した自分だったらこうする」ということを、
そのまま実行することです。

例えば理想のスタイルを維持できている自分
だったとしたら、「ここで何を注文するだろう」
ということを基準に考える、ということです。

甘くて脂っぽい生クリームたっぷりのケーキを
食べるだろうか?

それともフレッシュな生ジュースにするだろうか?

どちらが「その時の自分にふさわしいか?」

そんな風に、思いめぐらせてみます。

何事においても、どういう状況においても、
あらゆること全てにおいて。

行動、思考、感情までも、「成功している自分」の
模倣をすること…、これは成功の法則のセオリーの
一つでしょう。




*参考書籍
「誰でもできるけれど、
ごくわずかな人しか実行していない成功の法則」
---ジム・ドノヴァンーーー

コメントを残す

サブコンテンツ

PAGE TOP